読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごと

七夕ボーイくんの日常、その他もろもろ(^ν^)

ママ友

どどん!と総勢32人のママ友会を開きました。

主催というほど大したことはやってないけど、一応主催してみたり...

の、写真と内容は後ほど。

 

まずはママ友について思ったこと書きます。

 

ママ友って近頃よく聞くけど、今日テレビでやってた、それは果たして本当にママ"友"と言えるのか、と。友達じゃないよね?と。

 

うーん。

 

どうなんだろう?

 

そのテレビのニュアンスでは、友達以下でしょ?ほんとはちょっと知り合いなだけで友達名乗って戯れてるだけでしょ?

みたいな感じだった。ママ友カースト特集してたからね!ひゃーこわい!笑

 

でもわたしはそういう意味とは別で友達とは言える人は少ないかなーって。

それは何かというと、たぶん、おそらく、周りのママ友達の中でわたしが1番最年少だから。

容易く友達!とは言えないかなーって思ったり。

友達って対等なイメージだからねぇ。

 

とは言ってみたものの、わたしの性格は昔からずーっと変わらず。

友達の友達は友達。

近所に住んでて顔見知りならそれはもう友達。

広く浅くなっちゃうのが良くないところ、本当は広く深くが理想なんだけどね。

 

でもとにかく友達(とわたしが勝手に思ってる人)は昔から多くて。でも悲しいことにその多くは関係としては友達じゃなかったり。知り合い、なんだよね。だから一方通行の友達が多い。

 

まあいいんだ、なんでも。

 

仲の良い人は多いに越したことないから。

悩みを共有できる、不安を聞いてもらえる、子供の十人十色の成長の違いを近くで見れる、それだけでもう、ママ友万歳じゃないか\(^o^)/

 

そんなわけで、わたしが出かける先(支援センター、児童館、保育園、集いの広場etc)で出会った人たちやら、元々の同級生やら、病院同室で生まれた友達やらを誘って!

親16人、0歳の赤ちゃん16人、合わせて32人の大規模ママ友会を開いてみました〜!

 

4月から保育園に行く子が参加者の中にもチラホラ。

だから最後にみんなでわーわー話したり子供達遊ばせたりしたいなって。近所に住んでるのも何かの縁ということで、ね。

 

赤ちゃんが16人集まるとどうなるかというと...

f:id:harakari:20170414175849j:image

こうなります。

かわいい。

 

言わずもがな、全員カメラ目線なんてほぼほぼ無理でした!

 

ちなみに親も含めるとこうなります。

f:id:harakari:20170414180004j:image

わーお!多いね!

 

その日は特別に開催した親子カフェで手作りの時計も作らせてもらいました。

f:id:harakari:20170414180117j:image

いい感じ!

 

これから保育園の人は育児家事に仕事も加わって3足のわらじ。

大変だろうなーと思うけどまたお話聞けたらいいな。

 

他の子はまたいつでもそこらへんで会いそうだから、変わらずお付き合いしてもらえたら嬉しいな。

(誰にもSNS教えてないけど笑)

 

とにかく開催できたのは良かったと思う、たぶん。

大人数集まると全員が満足するのは難しいってことはわかりきってて、だからもしかしたら不満に思う人や楽しめきれなかった人がいたかもしれない。ごめんなさい。

でもそれはこれまでの経験上、仕方ないことだと思って、また次の何かの機会に活かせたらなぁ。と。

 

なんかこう、事あるごとに前に立ちたがってしまうのは性格なのか?仕事柄か?

調子乗って今回名札とかも作ってしまったしね笑

 

でも例えば、この性格のおかげで息子が今のところまーーーったく人見知りしなかったり、場所見知りしなかったりしてるんだとすればそれは良かったかな?

 

これからも色々でかけて、色々な人たちと話して、息子も色々刺激もらって吸収してもらって、あと1年謳歌したいです!笑

 

ほんと、小さな悩みも近所のママ達に聞くとうちはこうしてる〜とかうちもだよ〜とか話してくれて、それがすっごく助かる。

近所のお得情報も聞けるしね♩

病院やら何やらも全部近所のママ友情報を頼りにしてます!

 

近くの薬局でパパママ応援カード使えるなんて、知らなかったもん!

お店にはなにも表示してないんだもん!ぷんぷん

 

それとやっぱり月齢近い子の成長みんなで応援したり実感できるのがいい!

次こうなるのか〜もわかるし、できなかったことができるようになってる子みるとおめでとう!ってなる。最近は離乳食のこととかよく話してるかなー!

 

そういうわけで、わたしにとってママ友は大事で、でも友達っていうと馴れ馴れしくて申し訳ないなって感じで、でもやっぱり友達って言えるくらいこれからも仲良くしてもらえたらなって思ってるっていう、そういう記事でした!おわり!